歯医者の新しい治療法

歯医者の新しい治療法

歯医者ではドリルを使って虫歯を治すものだと言うもい込みが長い間続いていました。

しかし、医療技術の進歩により、ドリルで削る以外にもたくさんの治療法が登場しました。まずは、ドリルの種類です。
昔は独特の音や振動があるドリルが使われていましたが、最近のものは静かで振動もそれほどでもありません。


一度歯を削ってしまうと、歯には再生能力がないために、銀歯などの詰め物をしますが、詰め物と歯の隙間から虫歯ができることが多く、治療の度に歯を削らなければいけなくなります。

iemoが一般的になってきました。

そこで、最近の橋やではできるだけ削らない治療が行われています。

虫歯菌を溶かす薬を使い、虫歯になった部分だけを取り除く治療や、虫歯菌を殺菌する薬を使うことで、歯を削らなくても治療ができるようになりました。

もちろん、これらの治療はまだ取り入れられたばかりで、まだ一般的な治療とは言えません。


オゾンなどを活用することで、削らない治療法も検討されています。


虫歯菌を死滅させる薬も実用化に向けて実験が繰り返されていて、歯医者は痛い場所だという常識が変わろうとしています。



また、歯に貼る薄くて透明な絆創膏も開発されています。
これを歯に貼ることで、虫歯や知覚過敏を防ぐと言う新しい治療法で、歯磨き以外にも歯を守る方法が登場するかもしれません。



現段階では、きちんと歯を磨き、定期的に歯医者に行くことで、お口の環境を整える方法が一番お金がかからずに歯を守ることができると言えます。

Copyright (C) 2016 歯医者の新しい治療法 All Rights Reserved.